ケガをしやすい部位

野球少年へのアドバイス

アスリートサポート、ケガをしにくい身体をつくる

運動器リハ休日のご案内

野球少年へのアドバイス

     肩関節       手首        股関節      足首

肩関節
野球肩

野球肩とは野球による肩の障害すべての総称です。その中には腱板損傷,上腕二頭筋腱長頭腱炎、インピンジメント症候群、関節唇損傷などがあります。肩関節に負担をかけたフォームでの投球や投球数の増加により障害を起こしやすい傾向があります。

肩関節脱臼

 ラグビーやアメリカンフットボールなどで肩を激しくぶつけた時や転倒により手をついたり、肩を捻ったりしたときに痛みを伴い関節の連続性が断たれた状態のことを指します。何度も関節が外れて戻る状態を繰り返すと手を挙げただけで肩関節が外れてしまう状態になり、手術の適応になることもよくあります。

インピンジメント症候群

 肩関節内で腱板(インナーマッスル)や滑液包が関節内で挟まれることにより痛みを伴うものを総称してインピンジメント症候群と呼ばれています。肩関節の繰り返しの動作により腱板や滑液包が度々刺激を受ける為に炎症や損傷が生じ、腕をあげるなどの動作が困難になるなどの症状がみられます。PAGE TOP

野球肘

野球肘は大きく分けて3つに分類されます。

1. 内側側副靭帯損傷

 投球動作によって外反ストレス(肘が外側へ捻られる力)を繰り返し受けることによって、肘の内側にある靭帯(内側側副靭帯)を痛めてしまう障害です。また、柔道などの固め技によって肘が強い外反ストレスを受けることによっても生じます。症状が進行すると肘が外反ストレスに対して不安定になるため注意が必要です。


2. 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎

投球動作によって外反ストレスを繰り返し受けることによって、上腕骨小頭(肘関節の外側)に力が加わり、痛めてしまう障害です。繰り返しのストレスが上腕骨小頭部の壊死を引き起こし、関節軟骨に亀裂や変性が発生してしまします。また、投球を続けることにより骨軟骨が剥離して遊離体(ねずみ)となり、関節の強い痛みや可動域制限の原因となることもあります。


3. 肘頭骨端離開、肘頭疲労骨折

投球動作において、肘の先端の成長軟骨に引っ張られる力が繰り返し加わることによって引き起こされる障害です。成長期終了後には肘の先端部分に骨棘というトゲが生じて、痛みや可動域の制限が出現することがあります。


捻挫の症状

捻挫を起こすと、靱帯が炎症を起こすため痛みが発生します。捻挫の症状は痛みだけでなく、関節の機能低下も含まれます。捻挫を経験した人ならばわかると思いますが、足首の捻挫では歩行の基本である「足を地面につけて、離す」という動作に支障をきたします。手首の捻挫では箸や鉛筆を持って動かすだけでも痛みが起こります。捻挫した患部は、炎症の影響もあって腫れてしまうことが多く、靴や袖が入らなくなることも少なくありません。


上腕骨外側上顆炎

 手首や指の動作を過度に繰り返して行うことで上腕骨外側上顆部(肘関節の外側)に引っ張られる力がかかり、結果として炎症や痛みが生じる障害です。スポーツにおいては、テニスのバックハンドを繰り返し行うと生じやすく、テニス肘とも言われています。強く握ったり、タオルをしぼっても痛みが誘発されます。

PAGE TOP

突き指損傷

 突き指とは、伸びた状態の指に長軸方向に力が加わり発生する損傷の総称です。大多数は指の関節の捻挫や安定性を損なわない部分断裂ですが、ひどい場合は著しい動揺がみられ、手術の適応になることがあります。


マレットフィンガー

 多くは、「突き指」として発生することが多く、"ベースボールフィンガー"や"ドロップフィンガー"とも呼ばれています。指を伸ばす腱が末端部分で断裂や剥離骨折を伴い、指の先端の関節が伸ばせなくなる障害です。


TFCC損傷

スポーツ動作において手首の小指側に何度も衝撃が加わったり、転倒により手をついたりしたときに発生する障害です。重症化すると、日常生活が困難となり、ドアノブなどを回せないなどの制限が伴います。

PAGE TOP

腰椎椎間板ヘルニア

体にかかる衝撃から守るクッションの役目を果たしているところが 脊柱と脊柱の間にある椎間板と呼ばれる軟骨です。激しい運動などで椎間板の中にある髄核が外に飛び出し神経を圧迫することにより下肢の痛みやしびれを引き起こしてしまう状態をヘルニアと言い、腰で起こるヘルニアを腰椎椎間板ヘルニアと言います。


筋・筋膜性腰痛

 腰の筋肉にスポーツなどで無理な力が作用して過剰に活動し柔軟性が低下しておこる腰痛のことを指します。長期にわたり筋肉への疲労が蓄積したり筋肉のコリによる循環傷害が生じると慢性的な腰痛になります。


腰椎分離症

 10代の子供がスポーツなどで脊柱に大きな負荷がかかり、腰椎自体に骨折が起こってしまった状態を指します。 運動時の強い痛みを訴え、曲げ伸ばしなどが痛みのためしにくくなってきます。 この状態のまま運動などを続けていくと分離すべり症に移行したりするため注意が必要です。  大事なのは早期発見し骨折部位の癒合させることです。 PAGE TOP


股関節

鼠径部痛症候群

 鼠径部(足の付け根)付近に生じる痛みの総称で、明らかな疾患が見られない病態のものを言いい、サッカーなどの"蹴る"動作で多く発生します。股関節周囲の筋力の低下や関節の柔軟性の低下により下肢をうまく使えず、不自然な使い方により股関節周囲にストレスがかかり痛みが発生すると言われています。


恥骨結合炎

 恥骨結合炎とは、打撲や運動により恥骨を形成する軟骨にストレスをかかり炎症が起こった状態をいいます。恥骨前面から大腿部まで痛みが放散することがあり、慢性化すると常に痛みが痛むことがあります。


腸骨稜剥離骨折

 バレーボールのアタックやフィギュアスケートのスピンなどの筋肉が非常に強い力を短時間に出すときに発生しやすいです。ダッシュの瞬間やボールを強く蹴る瞬間に股関節周囲に激痛が走り、少しすると歩けるようになり、肉離れと間違えてしまうことがあるため、注意が必要です。

PAGE TOP


半月板損傷

 スポーツ動作において、着地などの膝に負荷がかかった状態で捻る動作が複合的に発生するときに損傷することが非常に多いケガです。また、靭帯損傷や軟骨損傷などを合併することもよくみられます。関節に水がたまる原因の一つでもあります。


靭帯損傷

 膝関節には大きくわけて4つの靭帯があります。そのうち1つ以上を損傷したものを指します。バスケットボールやスキーなどの方向転換を多く含む競技やラグビーなどの強いコンタクトプレーを含む競技に発生頻度が高いです。断裂した場合は、自然治癒するケースはほとんど見られないため、スポーツに復帰するためには手術の適応になることが多いです。


タナ障害

 "タナ"とは膝関節を覆っている膜にあるひだ状のもののことで、多くは成長と共に退化して消失します。しかし、成長と共に消失せずに残ってしまうことがあり、この"ひだ"状のものが関節に挟まったりして、機能障害や痛みを誘発することがあります。これをタナ障害といいます。

PAGE TOP


足関節捻挫

 関節は、関節包と靭帯により骨同士が連結、支持されており可動範囲を超える外力が強制された場合に骨折や脱臼を伴わず関節面の位置関係に乱れのないものを一般に「捻挫」と呼びます。 足部を内側に捻る「内反捻挫」と、足部を外側に捻る「外反捻挫」があり、このうち内反捻挫はスポーツ外傷の中で最も多いケガの1つです。症状としては痛み、腫れ、運動痛、関節可動域の異常などが見られ、関節の不安定性が強い場合は手術の適応になる場合もあります。


足底筋膜炎

 足の裏にある足底筋膜はランニングやジャンプなどの際に伸縮して、衝撃を吸収するスプリングの役目をしています。このため長距離走など繰り返し強い負荷が加わり続け、炎症を生じた状態のことをいいます。原因は使い過ぎによるものだけではなく、足の変形、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱の柔軟性の低下や筋力低下、シューズの不備などがあり、症状としては、圧痛、運動痛がみられます。


第5中足骨骨折(ジョーンズ骨折)

 足の外側にみられる骨折のことを発見者の名前をとってジョーンズ骨折と言い、下腿をよく使うサッカー選手などに多くみられます。 扁平足やアキレス腱の柔軟性の低下などでなりやすいといわれており、痛みのあるまま継続することで完全骨折や偽関節(関節部ではない部分に関節のような可動性がでるもの)になってしまうこともあるので痛みが続く場合は、原因となる運動を軽減することが必要です。

PAGE TOP